療育|発達障がい|神奈川県|横浜市|川崎市|田園都市線|相談・支援機関|ABA|応用行動分析|NPO法人STEPこども発達相談室

 

療育方針

  • HOME  > 
  • 療育方針
 

STEPの療育方針

STEPの療育方針
 
 
 発達障がいがある場合(もしくは、疑われる場合)、 適切な療育(=治療教育)につなぐことで、社会に適応する能力を身につけ、さまざまな能力を伸ばしていくことができます。
 
 
 療育で支援していく中で、“社会への適応”という目標やゴール地点が定められていても、お子さんによって、ゴールにたどり着くためのプロセスはさまざまです。
   
 NPO法人STEPこども発達相談室では、応用行動分析(ABAApplied Behavior Analysisの考え方にたって、お子さんの状態を、行動と環境の相互作用として捉え、お子さんに必要なスキル獲得のための指導を行っています。
   
 応用行動分析では、お子さんが適切なスキルを獲得できるように、一人ひとりの障がい特性や発達の状態に合わせて環境を整え、失敗のないようスモールステップで教えていきます。そうすることで、失敗経験が減り、ほめられる機会が増え、子どもはスキル獲得と共に、自己肯定感も高まります。
   
 指導時には、行動観察や心理検査によるアセスメント、保護者からの日常生活のエピソードを基に、一人ひとりオーダーメイドのプログラムを作成しています。
 お子さん一人ひとりに合わせたプログラムなので、お子さんの成長を最大限に発揮することができます。
 

応用行動分析(ABA)とは?

応用行動分析(ABA)とは?
 
 応用行動分析とは、行動の原因を「心の中の働き」であるとは考えず、「個人とそれを囲む環境との相互作用にある」と考えます。個人にのみアプローチするのではなく、周囲の環境側が工夫をすることで、コミュニケーションや適切な行動を成立させることを重視します。
 
※ ABA早期集中療育[ABAに基づく20時間以上の11の療育パッケージ]とは異なります。
 
 
 

お問い合わせ

お問い合わせ
 
NPO法人STEPこども発達相談室
■横浜相談室
神奈川県横浜市都筑区中川1-28-21
TEL.045-911-8222
FAX.045-911-8272
■川崎相談室
神奈川県川崎市宮前区宮崎2-7-51
リーセントパレス宮崎305号
TEL.044-589-3400
FAX.044-589-3363
───────────────
1.幼児・児童・青少年等のより
  望ましい社会適応(自立)へ
  向けての相談および支援
2.知的学習能力の習得
3.集団適応力の形成
4.ソーシャルスキルトレーニング(SST)
5.日常生活習慣確立
───────────────
【開室日・時間】
●月曜~金曜日
  AM10:00~PM7:00
●土曜日
  AM9:30~PM6:30
●日曜・祭日休室
074403
<<NPO法人STEPこども発達相談室>> 〒216-0033 神奈川県横浜市都筑区中川1-28-21
神奈川県川崎市宮前区宮崎2-7-51-305 TEL:045-911-8222 FAX:045-911-8272